WiMAXで携帯代節約!!家計の負担を減らす方法

 

 

少しでも家計の負担を減らしたい。その為には色々節約する必要がありますが、まずは毎月の携帯代(ネットにかけるお金)をどうにかしたいと考える人が多いのではないのでしょうか。

 

そんな悩みを解消する為に自ら実践して携帯代の節約方法を調べつくしたので、その全てを紹介します。

 

 


結論。スマホとWiMAXのセットで節約できるのは月に20GB以上使うケース

携帯代の節約方法として、3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)データ通信量の契約を最小にしてWiMAXとセットでもつのが良いのでは、と一度は考えたことがあるでしょうか。

 

3大キャリアの場合、音声通話の基本料金とデータ通信の基本料金が決まっており、それだけで5,000円は超えてしまいます。

 

そこへWiMAXの月額料金が加わると毎月の携帯代は8,000円以上になってしまいます。

 

ということは毎月データ量を20GB以上のプランにして、月額8,000円以上払っている人でないと節約にはなりません。

 

しかし最近では様々な動画配信サービスやゲームなどが増え、データ通信量も消費する量が以前より格段に増えています。

 

その為、毎月20GBという通信量でも足りないという人がかなり多いのが現状です。

 

その点WiMAXにすれば実質使い放題の為、いつでも動画等を楽しめるので毎月のデータ量を気にせず使いたい方はやはりスマホのデータ通信プランを最小にしてWiMAXとセット持ちにすることをおすすめします。

 

後で紹介しますが格安スマホとWiMAXのセットにすれば更に節約幅を大きくすることができます。

 

又、家に固定の光回線等を引いてインターネットをしている方は固定回線を解約してWiMAXのみにすれば更に大きな節約ができます

 

WiMAXは固定回線よりも、回線速度・月額費用・申込・解約手続きの簡易な所、全てで優れています。

 

 

今すぐWiMAXを申し込むならここから

3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)とWiMAXのデータ通信料金徹底比較

 

※ここに載せているWiMAXの料金は多数あるプロバイダの中で人気の高いBroadWiMAXの月額料金を載せています。

 

docomoの場合

WiMAXで携帯代節約!!家計の負担を減らす方法

 

ベーシックパック(使った分だけ)

docomoスマホのみ docomoスマホ+WiMAX
1GBまで    2,900円(最小データ量) WiMAX:3411円+最小データ量:2,900円=6,311円(節約できない)
3GBまで   4,000円 WiMAX:3411円+最小データ量:2,900円=6,311円(節約できない)
5GBまで   5,000円 WiMAX:3411円+最小データ量:2,900円=6,311円(節約できない)
20GBまで  7,000円 WiMAX:3411円+最小データ量:2,900円=6,311円(689円節約)
毎月の携帯代の総額としては各金額に通話料金(かけ放題プラン2,700円orかけ放題ライトプラン1,700円)とSPモード(300円)が加算されます。


20GBでかけ放題プランの場合 
7,000円+2,700円+300円=10,000円

 

最小データ量(1GB)とWiMAXのセットでかけ放題プランの場合
6,311円+2,700円+300円=   9,311円

           

ウルトラデータパック(定額)

docomoスマホのみ docomoスマホ+WiMAX
Lパック 20GB  6,000円 WiMAX:3,411円+最小データ量:2,900円=6,311円(節約にならない)
LLパック30GB 8,000円 WiMAX:3,411円+最小データ量:2,900円=6,311円(1,689円節約)

 

 

今すぐWiMAXを申し込むならここから

 

 

 

auの場合

WiMAXで携帯代節約!!家計の負担を減らす方法

 

ピタッとプラン

auスマホのみ auスマホ+WiMAX
1GBまで   2,980円 WiMAX:3,411円+最小データ量:2,980円=6,391円(節約にならない)
2GBまで   3,980円 WiMAX:3,411円+最小データ量:2,980円=6,391円(節約にならない)
3GBまで   4,480円 WiMAX:3,411円+最小データ量:2,980円=6,391円(節約にならない)
5GBまで   5,480円 WiMAX:3,411円+最小データ量:2,980円=6,391円(節約にならない)
20GBまで   6,480円 WiMAX:3,411円+最小データ量:2,980円=6,391円(89円節約)

 

フラットプラン

auスマホのみ auスマホ+WiMAX
20GB   5,500円 WiMAX:3,411円+最小データ量:2,900円=6,391円(節約にならない)
30GB   7,500円 WiMAX:3,411円+最小データ量2,900円=6,391円(1,109円節約)

 

 

 

 

ソフトバンクの場合

WiMAXで携帯代節約!!家計の負担を減らす方法

 

 

ソフトバンクスマホのみ ソフトバンクスマホ+WiMAX
ミニモンスター 1,980円 WiMAX:3,411円+最小データ量:1,980円=5,391円(節約にならない)
ウルトラギガモンスター 5,980円 WiMAX:3,411円+最小データ量:1,980円=5,391円(589円節約)

 

以上のように毎月20GB以上使うのであれば、WiMAXと併用した方がお得となり、逆に20GB以下であればスマホ単体のほうが良いということがおわかり頂けたでしょうか。

 

3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)のデータ通信を完全になくすのは危険

 

WiMAXで携帯代節約!!家計の負担を減らす方法

 

データ通信を最小にするのではなく、完全に無くしてしまえばもっと節約できるんじゃないの?と思いますよね。

 

その通り。そうすればもっと安くおさえることは可能です。

 

しかし、それはおすすめ出来ません。その理由を以下で説明します。

 

メールがフリーメールしか使えなくなる

通話の基本料金だけで、SPモード(月額300円)を外してしまうと(〜@docomo.ne.jp)などのキャリアメールが使えなくなります。

 

Gmailやyahooメールなどフリーメールしか使えなくなるので、ネット上で登録するサービスによってはフリーメールだと登録ができないこともあるのでおすすめしません。

 

かと言ってSPモードを残すとキャリアメールはできるようになりますが、データ通信も出来ます。

 

しかしそのデータ通信は定額制ではなく、従量課金制となる為(ドコモの場合1パケット0.6円)裏で自動的に通信してしまうアプリ等があったら知らないうちにパケット代が加算されてしまうこともあります。

 

なお、それもスマホの設定で通信できないようにすれば良いのですが、スマホをアップグレードさせた際に設定がリセットされるなんて可能性もあります。

 

それに気づかず使用を続けると膨大なパケット代を請求される可能性もあります。

 

以上のことからSPモードだけを残すというのもおすすめしません。

 

やはりデータ通信は最低のプランで契約しておくことをお勧めします。

WiMAXと格安スマホのセットなら更に節約可能

WiMAXで携帯代節約!!家計の負担を減らす方法

 

近年、格安SIMや格安スマホという言葉をよく耳にしますが、よくわからない人もいると思いますので簡単に説明します。

 

まずSIMカードとはスマホの身分証明書みたいなもので、それが無いとデータ通信ができません。

 

そして格安スマホを契約するとSIMカードを手に入れることができます。

 

そのSIMカードをスマホに差して使うようになります。

 

スマホは今使っているものでもいいですし、新しくスマホ本体を買ってもいいです。

 

WiMAXで携帯代節約!!家計の負担を減らす方法

 

今格安スマホで人気のLINE モバイルを例に挙げると、音声通話はLINEの無料電話で十分という方は毎月500(最小データ通信量1GB付き)で使うことができます。

 

ネットはWiMAXがあるので1GBあれば十分です。

 

それにWiMAXの3,411円を足すと3,911円ネットが使い放題のスマホを手に入れることができます。

 

別に音声通話を使うという方であれば毎月1,200円で10分間のかけ放題サービスをつけるとプラス880円で2,080円で使うことができます。

 

ドコモで同じ程度のプランと比較すると、通話基本料金1,700円(1度の通話時間が5分間のかけ放題)とSPモード300円に最小データ通信量1GB 2,900円とWiMAX3,411円を足すと8,311円となります。

 

その差4,400円です。 

 

2年間なら10万5,600円にもなります。

 

格安スマホとWiMAXのセットで大幅な節約ができますね。

注意点:格安スマホには無制限の通話し放題プランを採用している所が少ない為、仕事やプライベートでよく通話するという方にはおすすめできません。

スマホ使用パターン別最善節約方法

スマホは人により様々な使い方があるので、ここでは使用するパターンを
3つに分けてそれぞれどんなプランが向いているのか紹介します。

 

通話「少」:ネット「多」

格安スマホ+WiMAX、又は3大キャリアスマホの通常の通話プラン+WiMAX

 

通話「多」:ネット「少」

3大キャリアスマホの通話し放題プランのみ(データ量は最小)

 

通話「多」:ネット「多」

3大キャリアスマホの通話し放題プラン(データ量は最小)+WiMAX

 

通話「少」:ネット「少」

格安スマホのみ

WiMAXの数あるプロバイダの中で一番のおすすめはBroadWiMAX

WiMAXで携帯代節約!!家計の負担を減らす方法

 

 

WiMAXのプロバイダーは多数ありますが、全て同じ電波(UQコミュニケーションズの所有する電波)を使用しているので、プロバイダーによって通信速度が違うとか電波の届くエリアの範囲が違うとかはありません。

 

全て同じです。

 

であればおすすめはBroadWiMAXです。理由は以下で詳しく説明します。

 

まずプランに関してはライトプランとギガ放題プランの2種類があり、料金はライトプランが月額2,726円でギガ放題が月額3,411円となっています。

 

この料金は数あるプロバイダの中では最安級といえます。

 

ライトプランでは1カ月で最大7GBしか使えない為、頻繁にネットを利用する方やよく動画を見る方だと、上限に達してしまい、128kbpsの通信速度に制限されます

 

128kbpsになると動画はもちろん、ネットで調べものもろくにできません。

 

ギガ放題プランであれば基本的に使い放題ですが、3日間で10GBを超えると、翌日の18時〜26時まで1Mbpsに制限されてしまいます・・・。

 

しかし、まず3日間で10GBのデータを使うって相当のことです。

 

動画サービスYouTubeで例をあげると標準画質で約47時間高画質でも約13時間は見ないと達しないレベルです。

 

もし超えたとしても制限がかかるのが翌日の18時〜26時までなのでそれを過ぎればまた通常に使えるようになります

 

又、万が一制限がかかったとしても制限後の通信速度は1Mbpsもあります。
これはYouTubeの標準画質であれば問題なく見ることができるくらいの速度なので特に問題はありません。

 

以上のことからプランはギガ放題プランがベストでしょう。

 

 

次にBroadWiMAXには料金が最安級なだけに他社には無い初期費用18,857円というお金がかかります。

 

しかしこの初期費用というもの、あって無いようなもの以下の3つの条件をクリアすれば無料となります。

 

WEB(BroadWiMAXのサイトのこと)での申し込み
(電話での申込みでは無料にならないということです)

 

クレジットカードでの支払い申し込み
(口座引き落としでは無料にならないということです)

 

オプションサービスへの加入(すぐに解約可能)

「安心サポートプラス」月額550円
「MyBroadサポート」月額907円

(2ケ月間無料)

 

以上2つのオプションサービスの加入が必要ですが、不要であればWiMAX入手後すぐに解約できます。

 

なので実質支払う金額は「安心サポートプラス」550円を1回分払うのみとなります。
安心サポートプラスとは故障時の無料修理サービスで、MyBroadサポートとはPCサポート・メールサービス・セキュリティソフトのセットサービスです)

 

以上3つをクリアすれば初期費用18,857円はかからずに申し込みできます。

 

更にBroadWiMAXには受取センターという場所があり、うまくすればその日に受取ができ、当日にネットが使うことができます。

BroadWiMAXの公式ページはこちら

今なら光回線を超えた最新機種W06を無料で入手。

機種に関しては、W06とWX05の2機種がBroadWiMAXの人気機種となっていますが、最新機種のW06の方が断然おすすめです。

 

なぜならW06という最新機種は光の回線速度1Gbpsを超え、最高1.2Gbpsという回線速度を達成しました。
とうとう無線Wifiが光を超える日がきましたね。

 

更にW06はビームフォーミング機能とハイモードアンテナの搭載で電波の受信力が格段にあがりました。
以前のように場所によっては電波の感度が悪いなどといったことはかなり改善されています。

ビームフォーミング機能とは、狙った端末(スマホ等)に対して電波をピンポイントで照射する機能で部屋中の電波の届きにくい場所でも電波の受信力を向上させる機能です。

ハイモードアンテナとは、周りに高い建物などがある場所で電波の届きにくい場所でも電波受信力を20%向上させる機能です。
尚、WX05にもハイパワーモードがありますが、別売りの台座(クレドール)を購入しないと使うことが出来ません。

 

機種 W06(最新機種) WX05
通信速度(下り) 1.2Gbps(1200Mbps) 440Mbps
通信速度(上り) 75Mbps 75Mbps
バッテリー(連続通信) 約9時間 約14時間

 

通信速度(下り)は、データを受ける時の速度です。(例えばYouTube等を見る時の速さ)

通信速度(上り)は、データを送る時の速度です。(例えば動画等を送る時の速さ)
通信速度や最新機能で選ぶならW06で、バッテリー重視で選ぶならWX05といった所でしょうか。      

今ならBroadWiMAXへ乗り換えれば最新端末W06も無料で入手できます。

 

今すぐ乗り換えるならこちら

 

最後に

どうでしたか。良い節約方法は見つかったでしょうか。

 

やはり今の時代色々な高画質動画がいつでも見れる時代の為、データ通信は使い放題というのが安心ですね。

 

あなたもうまく節約して家計の負担を少しでも減らせるようになれたらうれしいですね。